2016年10月31日

【視力回復方法とは?】わずか3分の視力回復トレーニングの効果が

きょう運転免許証の更新に行ってきました。
そうなんで、免許証の更新には、視力検査があります。

普段そんなに、視力を意識していなかったのですが
運転免許証を受けるためには、視力が一定以上ないとダメですよね。

裸眼でなくて、メガネで、コンタクトで
視力検索受けると思いますが

はぁーやっぱり、視力の回復できれば・・・
視力よくなるといいのにって

今日、免許証の更新の日に
視力検査の時に改めて強く思ってしまいました。



危険がない、安心で、安全な
視力回復ならしたいけど

そんな事ってありますか??

うーん、どうだろう??

いざ、探すとなっても・・・・

しかし、視力回復は「可能」という事のようなんです。
たった3分で、あなたの視力が回復してしまう
とても簡単な「ある方法」があるというのですが

「視力回復なんて、そんなに簡単にはできないんじゃないの?」


そうですね。それが今までの常識でした。
こんなふうに考えている人も結構、多いと思います。


では、どうして今までの視力改善方法ではダメだったのか?
それは……
眼球運動だけでは、目の機能は改善できても視力は回復できない
からです。

視力低下の原因は、何だと思いますか?

「近くばかり見ているから?」
「目が疲労してしまうから?」

……その通りです。


だから今までの視力改善方法といえば
眼球を運動させることばかりが中心でした。


でも、それだけではどれだけ頑張っても視力は回復できないのです。

「じゃあ、やっぱり、視力回復は不可能ってコト?」

いいえ、不可能ではありません。
視力回復は「可能」です。

ただ、眼球運動だけでは毛様体筋という目の筋肉を
鍛えることはできても視力回復までには至らないのです。

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

血流が悪くなると、 目や脳に届くはずの酸素が不足してしまいます。

自律神経のバランスが崩れると 無意識下の行動が制御できなくなり、
心身ともに不安定になり、脳の負担が増大します。


つまり、あなたが今、
「本気で視力を回復させたい」と思っているのであれば、

血流を改善し、自律神経の乱れを整え、
脳の疲れを取り除いてあげればよいのです。
posted by siryoku at 13:37| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする